MENU
プロジェクトのご案内 

ブレインバンクとは

設立の目的

脳や神経・筋肉の病気は医学の進歩によって、これらの病気の症状を改善・治療する各種の薬が開発されてきましたが、いまだに根本的な治療法は確立していません。

根本的な治療法を確立するには、病気の患者の死後脳を試料として研究し、脳の中で起こっている異常と病気の成り立ちを明らかにすることが重要です。これらの神経難病の原因究明と治療法の開発を目指す研究に提供することを前提として、人の死後脳組織を系統的に保存するための機関であるブレインバンク(Brain Bank:脳バンク)は、脳の病気を研究するためには欠かすことのできない機構ですが、残念ながら日本ではまだ十分に組織化されていません。

そこで、私たちは脳や神経・筋肉の病気を克服することを目標に、献脳生前登録ブレインバンクを設立しました。これは、脳や神経・筋肉の病気の研究を進めるためには、患者とご遺族の双方に死後脳を用いた研究の重要性とブレインバンクの活動に対する十分なご理解と同意を得たうえで、患者の亡くなられた後にその脳をブレインバンクに“提供(寄託)”していただくことが重要であると考えるからです。


献脳生前登録ブレインバンク
以下、「ブレインバンクと略」

ブレインバンクの活動

ブレインバンクでは,死体解剖保存法に従いご遺族の同意を得て,亡くなられた患者様の病理解剖を行います。摘出された脳組織等の検体は、病理診断に用いられた後、系統的に保管されます。
研究者から申請があると,研究計画の厳正ま審査した上で脳を提供します。

メンバー

研究責任者:齊藤祐子 病院臨床検査部 医長
医師,臨床検査技師,リサーチコーディネーター,コーディネーター,事務担当 etc,

主な病理解剖協力病院

●国立精神・神経医療研究センター病院

●順天堂大学病院

●東京都健康長寿医療センター

●新潟大学脳研究所

●愛知医科大学加齢医科学研究所

●国立病院機構刀根山病院

●福島県立医科大学

●名古屋大学精神科

●岡山大学精神科